不規則な生活が腰痛の原因になる

筋肉の衰えによる腰痛

おそらく最も多いと思われる腰痛が筋肉の衰えによるものだと言います。
理由は、腰周辺の筋肉が衰えると骨盤や背骨を固定できず、ちょっとした負荷で腰痛になったり、骨盤のズレによって慢性的な腰痛に発展してしまうからです。
腰痛に悩まされる年代が高齢者というのもうなずける話です。また、不規則な生活で予想以上に腰へ負担をかけるというケースもあります。

偏食も腰痛の原因になる

筋肉の衰えともリンクしますが、若年層にも腰痛が増えている背景に偏食があります。
インスタント食品やファーストフードなどは元々時間のないときに、たまに食べるものでしたが、最近ではそういった加工品の味でなければ味覚が満足できないという若者が珍しくありません。
所謂ジャンクフードは、栄養価が低く、特に毎日摂取しなくてはならないカルシウムやビタミン、アミノ酸がほとんど含まれていません。

生活習慣は中々変えられない

急に「明日から毎日ジムに通ってバランスのとれた食事をする」と言っても難しいものです。
そこでオススメなのが、各種ミネラルやビタミンを効率的に摂取できるサプリメントの服用、そして朝晩の短い時間でできるストレッチや軽い筋トレです。これらもすぐに腰痛改善するものではありませんが、すぐに始められる点がとても魅力なのです。