腰痛の予防は早めの対処が必要

冷えが原因の場合

腰痛の悩みを持つ人の多くは冷え性です。冷えは万病の素ですが、メカニズムはこうです。

体が冷えるということは血液がくまなく体を巡っていないということで、それは各関節の神経を細くし圧迫されることとリンクしています。そのため、毛細血管を広げることにより神経の圧迫も軽減され、腰痛や肋間神経痛などの予防にとても有効です。

運動不足が原因の場合

運動不足も腰痛の原因に多いもので、何が大きな要素になっているのかというと、体が硬くなることによって部分的に血行が悪くなることです。いわゆる凝りというものですね。

こういった局所的な凝りを解消するためには毎晩寝る前にストレッチをするといいでしょう。最初はうまく出来ませんが、慣れるととても有効な予防法になります。

また、体を柔らかくするということは怪我の予防にもなりますから一石二鳥です。