適度な運動で腰痛を改善する

筋肉も硬い状態だとちょっとした衝撃で腰痛を発症することもあります。

「くしゃみをしたらぎっくり腰になった」

「立ち上がったら急に痛くなった」という人は少なくありません。

朝起きたらストレッチをしてみる

スポーツの前に怪我防止のため準備体操をしますが、これは日常生活にもいえることです。

基本的に人間の体は目覚めた直後は血圧が低めで体自体はまだ眠った状態です。なので、起きたら伸びをしたり、簡単なストレッチをするようにしましょう。毎日続けることで体が柔らかくなり、怪我や腰痛を防いだり改善することができます。

ウォーキングで腰痛予防

筋力の衰えが腰痛の原因と言っても、毎日ジムに言って高負荷なトレーニングをしなくてはならないというわけではありません。

人間の筋肉のほとんどは腰から下にあります。そのため、衰えるのも早く、恒常的に動かしていなくてはなりません。

オススメはウォーキングで、ためしに最寄り駅から一駅歩いて通勤するようにしましょう。

おそらく「こんなに歩いていなかったのか?」と驚くほど疲れます。

何故なら、人の体は一日10km歩くようにできているのですから。